歯が気になる

オールオン4なら総入れ歯よりも自然な噛み応え

虫歯や歯周病の進行に不慮の事故などで歯を失ってしまう方は結構いらっしゃいますが、その中で歯の全てや殆どを失ってしまった方にとっての治療法と言えば、保険内の治療では総入れ歯が考えられます。
確かに総入れ歯は保険適用内で治療費用も安く、簡単に取り外せる事からも多くの方は総入れ歯での治療を選びますが、いくつかのデメリットもあり注意が必要です。

総入れ歯のデメリットはまず入れ歯の床部分を粘膜に吸着させるのですが、材質がプラスティックなので性質上こまめに洗浄しないと口臭の原因になっています。
何よりも自分の歯と違い咀嚼感が全く変わり違和感がありますし、食事での満足感が得られにくくなりますし硬い物が土台と歯茎の間に入り込むと激痛が走る事もあり、食後にも毎回洗浄液などでの掃除が必要です。

また大笑いすると外れてしまう事もあり、審美性に関してもデメリットになっているだけでなく年の経過とともに少しずつ合わなくなる為に正確な発音も出来にくくなります。
そんな総入れ歯に変わる治療方法としてインプラントもあります。
抜けてしまった歯が数本の場合はインプラントも効果的ですが、全ての歯をインプラント治療で行うのには、患者さんの肉体的負担が大きいだけでなく治療費用も負担が大きいです。

そんな中総入れ歯よりも審美性に優れ食べ物も自然に味わえるインプラントを全ての歯で行う場合に、費用の面や肉体的負担を軽減させる新しい技術が注目されています。
それはオールオン4と言う治療方法で、全ての歯に対し土台となるインプラントをバランスよく4本だけ埋めて土台を作り歯を被せるので総入れ歯の様な違和感は全くなく、食事の際に入れ歯よりも自然な噛み応えが実感出来て高評価です。

オールオン4は保険適用外の治療ですが、1本ずつインプラントを埋める治療と比べても治療費が大幅に軽減出来ます。
手術自体も短時間でその日の内に仮歯を入れる為に、柔らかい物なら食事も可能なので助かります。
総入れ歯にしている多くの方は食事の楽しみが無くなったと言う感想を持っている中で、オールオン4の場合は顎の骨にし直接インプラントを埋め込む為に、自分の歯と分からない程違和感もなく硬い物を噛む時に躊躇する事もありません。

数本の歯を入れ歯やブリッジなどで治療する場合は噛み合わせや色の違いなど審美性も心配になります。
オールオン4ですと全ての歯を一緒に作るので、色の違いは全くなく噛み合わせの微調整に苦労する事も無い事から、他の人に気づかれる事も無いです。
人間にとって食欲を満たす事は大変重要ですが、オールオン4なら自然な噛み応えと自然な発音が出来て外れる事も無い事から、実際に治療を受けた方達の間では大変喜ばれており、口コミで評判が広がっています。