タフトブラシを使いこなして歯科いらずの歯へ

自分でしっかり歯ブラシで歯を磨いているけれども、奥までしっかりと磨くことができなかったり、歯科医院の検診で指摘されてしまう人も多いでしょう。
このような人におすすめの歯ブラシに、タフトブラシという小さな歯ブラシがあります。
このブラシは歯科医院でもすすめられているブラシです。

歯科医院でもすすめられているタフトブラシとは、毛先が一塊になっている歯ブラシのことです。
一般的な歯ブラシでは磨きにくい場所を、ピンポイントで磨くことができます。
しかしタフトブラシですべての歯を磨こうとすると時間がかかってしまうので、通常の歯ブラシと使い分けて、磨きにくいところだけに使うと効果的です。

歯の中で、最も歯周病や虫歯が進行しやすい場所が奥歯です。
しかし通常の歯ブラシでは、ヘッドの部分が大きいので、毛先が奥まで届かずにプラークが多く残ってしまいます。
通常の歯ブラシで磨きにくいところに毛先をあてて一生懸命磨いた結果、周りの歯肉を傷つけてしまったり、歯肉から出血してしまうこともあるでしょう。

タフトブラシはヘッドの部分が小さい仕様なので、通常では磨きにくい奥までしっかりと磨くことができ、虫歯や歯周病のリスクが高い部分の歯石まで落とすことができます。
奥歯の中でも最も磨きにくいのが親知らずの隙間です。
親知らずは横や斜め方向に生えていたり、歯茎がかぶさっていたり、プラークが非常に残りやすい場所です。
タフトブラシで磨くことにより、斜めになっている隙間や、歯茎に覆われた部分まで、細かく磨くことができるでしょう。

また歯並びが悪くて重なっている部分は、虫歯や歯周病になりやすい部分です。
歯並びの悪さは虫歯リスクを高めるといわれています。
歯の重なり部分や隙間に、食べかすがプラークとなってこびりつき、日常的な歯磨きでは落としきれずに、虫歯となってしまうことがあるからです。

タフトブラシを使った磨き方としては、まず最初に通常の歯ブラシで全体をきれいに磨きます。
次に歯ブラシが当たらない細かな部分をタフトブラシで磨きましょう。
タフトブラシを使う部分は非常に磨きにくい部分なので、鏡を見ながら毛先が磨きたい部分にあたっているかどうかを確認しながら磨くようにしましょう。

すべての歯を歯ブラシとタフトブラシだけで、すべてきれいにできる人はあまりいません。
このほかにもプラークが残っている部分は、デンタルフロスを使ってプラークをとる必要があるでしょう。
毎日通常の歯ブラシとタフトブラシ、デンタルフロスをしっかりと使い分けることが、虫歯予防や歯周病予防につながります。

タフトブラシ使用前に歯科医院で一度検診を受けてみましょう

東京で忙しく生活している方は歯のメンテナンスを怠りがちです。
タフトブラシを使いこなすためにもまずは一度でも歯科医院へ行き、歯磨きの指導を受けてみましょう。
江東区の歯科は通院しやすいことで有名ですので、仕事が終わったあとにでも行ってみることをおすすめします。