歯科用のマウスピース

ワイヤー矯正は嫌?ご安心を!マウスピースで矯正!

歯の噛み合わせを治療する矯正治療は、矯正歯科で気軽に受けられるようになりました。
歯列矯正の代表的な治療は、ブランケットにより行われます。
歯の一本一本に金属製のブランケットを装着し、ワイヤーで力をかけ続けることで、歯を少しずつ動かしていく治療法です。
ブランケットを使った治療は治療効果が高く、他の治療法に比べて経済的なので、広く普及しています。

矯正歯科で行うブランケットによる治療は、確実に歯を動かすことができるので、信頼性の高い治療法です。
しかし、金属製を使った場合は金属アレルギーが発生する場合があります。
金属アレルギーは全ての人に起こるわけではありませんが、症状が起きると治療が困難になります。
金属性アレルギーへの対処法としては、セラミック製のブランケットを使用する方法が効果的です。
治療費は多少高くなりますが、セラミック製のブランケットを使用することで金属アレルギーはなくなります。
セラミック製は透明なために、外から見ても違和感がないメリットがあります。

ブランケットを用いた歯列矯正は、外から見えるデメリットがあります。
お子様や女性は、外から見える治療を嫌がる傾向があります。
また、ブランケットやワイヤーは不快感を伴い、違和感を覚えます。
治療が長期に及ぶ歯列矯正では、ストレスとなる要因を減らす工夫が、求められます。
矯正治療では、マウスピース状の器具を装着することにより、治療を行う方法があります。
マウスピース状の器具は取り外しが可能なので、食事中は外すことが可能です。
また、透明なために外から見えにくく、ストレスを減らすことができます。

矯正歯科では、マウスピース状の矯正装置として、インビザラインとクリアアライナーを用意しています。
これらの装置は、全ての症例で利用可能なわけではありませんが、多くの症例で適用が可能です。
インビザラインはすべての歯が対象で、クリアアライナーは前歯の矯正に用いられます。
マウスピース状の矯正装置は取り外しが自由にできるメリットがある反面、装着時間の管理が自らに求められます。
毎日一定時間以上装着していないと、治療効果が薄れるので、注意が必要です。

矯正歯科で行う歯列矯正は、金属のブランケットとワイヤーを使用する一般的な治療法以外にも、セラミックやプラスチックのブランケットを用いた方法や裏側矯正などのメニューが用意されています。
治療中は歯が動くために、一定の痛みを伴います。
長期に及ぶ治療を続けるためには様々な治療法を効果的に用い、ストレスを取り除くことが大切です。