歯列矯正した歯

矯正歯科で歯列矯正しよう!歯列改善で歯の寿命UP

矯正歯科で歯列矯正を受けることには様々なメリットがあります。
そもそも歯列矯正に関しては見た目だけの問題、という意識を持たれている方も多いかもしれません。
しかし歯列矯正には単に口腔内の見た目を改善すること以外にも、歯の寿命を延ばす、歯に対しての疾患を防ぐと言った作用が期待できます。
そのため矯正歯科で一度、歯並びを見てもらうだけでも、歯の健康に対しては意義があることだと言えます。

歯の寿命を脅かす要因、その代表格として挙げられるのが虫歯と歯周病です。
どちらも痛みや出血などを引き起こすことがあり、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまう、あるいは歯を支えている骨ごと溶けてしまうこともある、非常に恐ろしい状態です。
これらが発症する原因は様々ですが、そのひとつには歯並びが関係していると言われています。
これは歯並びが悪いと、どうしても歯磨きの際に磨き残しができてしまい、そこから虫歯菌や歯周病菌が増殖してしまうからです。

たとえば出っ歯の場合、その出っ歯である部分とそれ以外の部分との間には段差のようなものができてしまいます。
するとその部分は食べかすなどがたまりやすいわけですが、一方で歯磨きの際には段差になってしまっているわけですから磨き残しやすい部分になってしまいます。
それからすきっ歯です。
この場合、歯と歯の間に隙間ができているわけですから、その部分には食べ物などがつまりやすいです。
そうすると虫歯になるリスクは高まりますし、食べかすが上手に除去できなかった場合には、それをエサに歯周病菌が繁殖していくリスクも高くなると言えます。

また八重歯の場合は、歯と歯が重なり合っている部分があるため、歯磨きが上手にできないリスクが高まりやすい傾向にあります。
こうした事象が発生している人の中には、歯磨きを丁寧に行おうと躍起になるあまり力が入り過ぎて、結果、歯肉などを傷つけてしまっていることも少なくありません。
このような歯並び上の問題から、あるいは歯肉などを傷つけてしまった結果、起こり得る歯と歯の間にできる隙間、口腔内にでできた影のような部分はブラックトライアングルと呼ばれています。

このブラックトライアングルが見える場合には、歯並びの問題から既に歯周病や虫歯などが発生してしまっている恐れがある、あるいは歯肉が相当、下がってきていると考えられています。
ただし一方で矯正歯科で歯列を改善した時にも、これは発生するリスクがあるとされています。
ただ近年では、その際にブラックトライアングルが出るリスクを低下させる方法も出てきているので、この辺りは歯科医と相談をすると良いです。

歯並びと言うのは、自力ではどうすることもできない部分の方が大きいです。
よってその部分に悩みがある方は、できるだけ早めに矯正歯科に相談をするのが望ましいです。
そのことが虫歯、歯周病の発症を抑制し、歯の寿命を延ばすことにつながるためです。