大人が歯を失ってしまうと、それ以上歯が生えてくることはありません。
そこで、失った歯の部分を補う治療を行います。
現在ではふたつの治療が行われています。

メンテナンスについて

歯科クリニックひとつ目は、昔から行われている入れ歯で、もうひとつはインプラントです。
入れ歯治療は、イメージしやすい治療ですが、失った歯の部分にプラスチック樹脂をのせるというものです。
取り外しができるので、残った歯をきれいに保つことができるというメリットがあります。
手入れがしやすく、入れ歯を外して洗浄剤に入れておくことで清潔を保つことができます。

費用について

健康保険証また、入れ歯は健康保険が適用されるので、費用が安いというメリットがあります。
残っている歯の本数などにもよりますが、健康保険を使うことで、実際に支払う金額は1万円以下です。
治療のたびに、かかった費用を支払って行くので、毎回の負担は数千円ほどで、経済的です。

審美性について

インプラントは、入れ歯とは異なり、粘膜の上にのせる治療ではありません。
歯の無い部分の骨にチタン製のネジを埋め込み、その上に人工の歯を装着するという治療です。
使用する人工歯はセラミック製で、透明感のある白さが特徴です。
そのため、審美性が高いというメリットがあります。

噛み心地について

また、見た目だけでなく、噛み心地が自然だというメリットもあります。
骨に埋め込んだチタンはしっかりと結合するので、本物の歯のように噛むことができます。
固い物も安心して噛めるので、食事の内容を選ぶことがありません。
違和感もほとんどなく、好きなものを食べられる喜びを感じることができるでしょう。

最適な治療を選択しよう

歯の治療どちらの治療も、1本歯を失ってしまった状態から、すべての歯がなくなってしまった状態まで幅広く対応することができます。
お口の状態に合わせて、オーダーメードで作成されるので、歯型を取ったりして、お口に合う治療が行われています。
残った歯の本数が同じ場合でも、場所や顎の大きさが異なれば、患者さんひとりひとりに合わせて作る必要があります。

歯科医院では、患者さんのお口に最適な治療を考えてくれます。
歯を失うということは悲しいことですが、患者さんが見た目や噛むことに不自由しないように、状態に合わせて治療を考えます。
歯がないからと言って、いきなり入れ歯やインプラントの治療に入ることはありません。
まずはレントゲンなどで検査を行い、お口の状態を把握してから治療に入ります。
計画を立てて、どのように治すかを患者さんと一緒に話し合う先生も増えています。

インプラントと入れ歯のそれぞれのデメリットとは?

インプラントにも入れ歯にも、デメリットがあります。
治療を受けるときは、ついメリットばかりを考えてしまいますが、メリットがあるということは、デメリットがあるということです。
両方を知ることで、自分に合った治療が分かります。

入れ歯のデメリット

まず、入れ歯ですが、部分入れ歯の場合は残っている歯に金属のバネを掛けて落ちないように固定します。
そのため、審美性が良くないというデメリットがあります。
笑った際に金属が見えてしまうことに抵抗を感じる患者さんは多いです。

バネがかかっている歯は入れ歯を支えているため、強い負担にさらされています。
そのため、歯が持つ本来の寿命よりも短く、気が付くと抜け落ちてしまうということもあります。
抜けてしまった場合は、入れ歯を作り直したり、付け加えることで、他の歯にバネをかけるようになります。

総入れ歯では、外れやすく噛みにくいというデメリットがあり、大きな口を開けて笑うと、落ちてきてしまうこともあります。
入れ歯と粘膜の間に食べ物が入り込んでしまうことも珍しくなく、違和感の強い治療です。

インプラントのデメリット

インプラントにもデメリットはあります。
インプラントは健康保険が適用されないので、治療費が高額になってしまいます。
費用は歯科医院が独自に決めることができるので差がありますが、目安として1本30万円というのが平均的な数字になります。

そして、インプラントは人工歯を装着するので、自分で取り外しができません。
取り外しができないというのは、メリットに感じるかもしれませんが、衛生面からするとデメリットになります。
きちんと清掃するといった手入れが難しくなり、自分では磨いているつもりでも、細菌が増えて炎症が起きてしまうこともあります。

インプラントは人工物なので、少しくらい状態が悪くても痛みなどを感じにくいです。
細菌が繁殖して、炎症が進んでしまうと、せっかく埋め込んだチタン製のネジが自然に取れてしまうこともあります。
インプラントは比較的寿命が長い治療ですが、死ぬまでもたせるためには、日頃からのケアが重要になります。

ですから、インプラント治療を終えても、半年に1度は歯科医院に検診に訪れなければいけません。
検診では問題が無いかを確認し、クリーニングや噛み合わせのチェックを行います。
歯科医院に行のが面倒だと感じてしまうかもしれませんが、必要なことです。
インプラントは自宅での手入れも大切ですので、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシなども使ってきれいにする必要があります。